テレワーク環境を支えるための買い物とは?調査を実施

1万円以上の買い物をした人は約8割

株式会社ワンストップビジネスセンターは、8月6日、コロナ禍(2020年1月以降)でテレワーク環境のために買い物をした20代以上の在宅ワークを行う196名を対象として「テレワーク環境を支えるための購買について」の調査を2021年6月1日~6月14日に行った結果を発表しました。

調査によると、コロナ禍(2020年1月以降)においてテレワークをするために買い物をした総額は「1万円以上」と回答した人が78.6%にのぼります。

買い物 決め手は口コミ

具体的に買ったものについては(複数回答)、「PC周辺機器/PC」が263件、「家具」が81件、「モバイルグッズ」が19件です。

買った商品はどのように選んだかについては(複数回答)、「ネットで口コミを比較した」が142件と最も多く、「店頭で実際に見て比較した」が48件、「知人に口コミを聞いた」が26件と、「口コミ」を参考にしたという回答が168件となりました。

コロナ禍で外出がままならないなか実際に商品を手に取ってみるといったことが難しい状況です。今回の調査ではテレワーク環境のために買い物が必要となり、その商品を選ぶためには、既にその商品を使っている人の声が重要だということがわかりました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ワンストップビジネスセンター プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000027.000025943.html

株式会社ワンストップビジネスセンター ホームページ
https://www.1sbc.co.jp/

関連記事一覧